初めて遊ぶ場合

バスタブ

ホテヘルやデリヘルなど、風俗を初めて利用する時にはどうやったらいいのかわからない場合があります。
ですが、緊張することも当然のことですが、しっかり流れを理解することが大切です。
基本的にどのようなシステムになっているのか説明を聞いてもイマイチ理解することが難しい場合にはソープやヘルスがオススメです。
理由は店舗に行ってからその部屋でプレイすることができるからで、ラブホテルを予約する必要もなく、手軽に楽しむことができるからです。
また、ヘルスやソープ嬢はしっかりとサービス手順の研修を受けて理解していることが前提で働いていますので、初めての方でも嬢のほうからリードしてくれて、安心して遊ぶことができます。

風俗店は営業するために公安委員会の許可がなくてはできません。
キャバクラやラウンジなどは風俗店というくくりの中に入り、以外にもクラブやゲームセンター、パチンコも法律では風俗店です。
このように風俗店も幅が広く、性的なサービスをするお店のことは性風俗店となります。
デリヘルやピンクサロン、ホテヘルなど、性的なサービスでも特化している業態なので、これらを区別するためにも性風俗店と呼ばれることもあります。

ですが、近頃はキャバクラなどは風俗店とは別という認識が高まりつつあります。

概要について

ベッドと服

風俗にはホテルヘルスというものがあり、通称ホテヘルと呼ばれています。
ホテヘルのイメージとしてはデリヘルのラブホテル料金こみのプランで店舗型のファッションヘルスも合わせたようなものです。

デリヘルとホテヘルの違いはいくつかありますが、店舗があるのがホテヘルでお店に行ってから店舗型ヘルスのように女子を選びます。
そこで、指名した女子とデートのように楽しく会話などをしながらラブホテルに入ってプレイをすることになります。

ボッタクリについて

青い看板

ホテヘルだけではないのですが、風俗店ではたまにボッタクリのお店があります。
通常ボッタクリとは提示されている値段よりはるかに高額な料金を請求することで、悪質なお店のやり口です。
ボッタクリにはいくつか種類がありますが、代表的なものを3つ紹介します。

恐喝型…ヤクザのような強面の方が登場して、脅してから料金をお客様から巻き上げる方法です。
手抜き型…ホテヘル嬢がラブホテルに入っても手を抜いて料金に見合ったサービスをしてくれない場合などのことです。
たけのこむき型…サービスごとに高額な料金を請求して、それらが合計されてとんでもないような金額になることです。

もう、10年以上も前の話にはなりますが、ぼったくり防止条例が制定され、現在ではぼったくりをするお店が次々と摘発されて、ほとんどなくなりました。
ですが、現在も少なくなったもののぼったくりの店が存在しているので注意が必要です。

ぼったくりの被害に合わないためにも重要なことは利用するお店についてしっかりと調べて悪質な店は利用しないことです。

ホテヘルを利用する場合には注意しなければならないことが多くあるので気をつけましょう。